2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちゅうごく

長野に行っていたのでネットが使えず、更に実家にパソコンを忘れるという失態をおかしまったく更新していませんでした。
最近すっかり秋めいてきて、なんだか今年はやけに夏が短かったなーと感傷的な気分に浸っています。
そして近頃はもっぱらフィギュア制作→銅版画制作→落書き→趣味のフィギュア鑑賞→始めに戻る、というサイクルを繰り返してます。
最近みた展覧会は、ルネラリック&ガレ展、ドゴン族展(?)、松樹路人展、マリーローランサン展、世界の影絵展…等など…ちょっと前にミレーもみましたが、どれも素敵でした。



ところで、最近中国にいってみたいなーと思うようになりました。
昔は「井戸の中の蛙大海を知らず されど空の青さを知る」という言葉が好きで、日本国内全て回りきるまでは海外はいいかなーと思っていたのですが、制作するにあたりだんだん変わってきて。

私の銅版画作品でのテーマの根本に「懐古心」というものがあり
個展の際もサブタイトルをnostalgiaとしたのもそのためですが…
一度も見たことがない景色に懐かしさを感じたり、本当の故郷ではないのに田舎の景色を見て切なくなったり…
そういった感覚がどこからきているのか。

私はその「懐かしい」感覚こそが、人類の歴史を物語り、私たちのDNAに組み込まれた生物としての記憶なのだと考えています。
切なくなるのは私たちが生まれてくる前、母の胎内にいた頃を無意識に思い出すからかもしれません。



そんな「懐かしさ」を感じる場所は日本にとどまらず様々な場所に存在していて、最近もっとも心揺さぶられる風景が多いのが中国なんです。
中国といっても行ってみたいのは発展を遂げた都心部ではなく、自然の残る山間部などなのですが…
特に仙人がいそうな長寿の村、バーマとか。シルクロードはやっぱりみてみたいし。
ただ中国はお腹を壊し、下手をすると食中毒になるのがデフォルトと聞くので、滞在中ずっと寝込んだりしたら困るなーそれ以前に中国語しゃべれないしなー・・・
などと尻込みしています。

フットワーク軽くなりたい!無理!誰か中国案内して下さい!


ちなみに昔の記憶を辿ると脳が活性化されるので、アルバムなどを見るのは認知症などの予防にも良いそうです。
イラストは中国の詩を読んで描いたものです。



楚2





いつもご観覧、コメント、拍手など本当にありがとうございますm(..*)m



☆拍手お返事☆

>>tkt氏
イエイイエイ!
私も茶色い方が好き

>>ザンジネさん
アナログ九割ですよー
というか今更ですがお迎えしてもらったねこたまメイク前で額に縦筋なかった…

>>キノさん
待ち受けにしてくれてありがとう!いぬまろも喜んでます。
ねこたまは逆襲するほどの力がないので、せいぜいムガー!て言いながらやけ食いして終わり(笑)
マグカップは元の素焼きのカップ+焼きに出す値段も考えるとかなりお値段が…て感じになってしまうので、量産は考え中です。ぬいぐるみは本当作りたいのだけど、ねこたまはともかくいぬまろのもこもこ感が難しくて構想中(x_x;)縫いもの難しい~
そうですねーやっぱり仕事と両立となるとだいぶ大変ですよね。今年中にもう一度、カフェとか軽い感じのところでの展示を予定してます♪キノさんの展示も期待してます。
そろそろ夏も終わりですが、せっかくの四季だし楽しみましょう☆
スポンサーサイト

| らくがきつぶやき | 14:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。