PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いぬのきもち


トエハタエ展に足をお運び下さった皆さま、本当にありがとうございました!

版画のメンバーはとても実力のある面々で、その作品からは、作家として『生きる事≒制作』を続けてゆくという意思と、それに伴う重みを感じました。
それ故に、空間としても重みがあったのではないかと思います。

長かった学生生活も今年で最後。
卒業論文と卒業制作は、学生として形に残す最後の物です。
これから提出まで、じっくりと向き合いたいと思います。


話は変わって…
この夏は、学生生活最後の夏休みということで、とことん夏らしい遊び方をしました。
沖縄⇒夏祭り⇒長野⇒花火…
ちょこっと写真をUPします♪


okinawa

okinawa3
上のカップルは面識のない方々なのですが、あまりにも絵になるので…
お顔が写っていないから大丈夫なはず。

沖縄は本当に大好きな土地で、ほぼ毎年行っています。
今回は本島に泊まったのですが、台風の影響でフェリーが出ず、離島に行く事はできませんでした。

でも逆にそのおかげで、いった事のなかった本島の色々な場所に行けて、魅力を再確認できたかな!
もとぶ牛っていう牛の焼肉を食べたのですが、尋常じゃない美味しさでした…
ほっぺた落っことしてきました!





okinawa5
くらげ~♪

enosui
ちゅら海水族館のジンベイざめと仲間たち。
この水族館に行ったのは二度めなのですが、本当にこの水槽には魅了されます。凄い迫力。
以前水族館設立のドキュメント番組を見ていたので、あぁ~このへんはこういうところを工夫していて、ここを苦労したんだよな、等と感慨深く見て周りました。

人々のシルエットから、それぞれの性格や生活、会話が漏れ出てきて、とても幸せな気持ちになれる写真です。

ジンベイざめの捕食シーンも見たのですが、水槽上から入れられる餌(オキアミなど)を食べる際、水面に対し垂直に立ちあがって水ごとガブガブと飲み込むのが、なんとも滑稽でした…。
自然界ではやらない姿だそうで、ちょっと感傷に浸りながら見つめた記憶が。






natumaturi

natumaturi
夏祭りの、杏子あめと金魚。
杏子あめは、ひとつ買うと一回パチンコ(昔ながらのやつ)をさせて貰えるのですが、二年連続で当たりをあてました!すごい!ワー!
でも甘すぎてひとつで十分な上に、べたべたで持って帰れないので毎回最後の方は若干苦行だったりします。


nagano
長野。物凄い高原感。
車の窓から顔を出して、友達とカントリーロードをハモったりしました。

まだまだ写真はあるのですが、とりあえずここまでで!

不定期更新にも関わらず、いつも見に来て下さっている方、本当に、本当にありがとうございます。
拍手も、とても励みになっています!








☆拍手お返事☆

>>水筒犬様
いつも本当にありがとうございます!
一緒にコメントをみては、ほんわりさせて頂いています。
風の噂によると、水筒犬さんの餃子はとてつもなく美味しいとのこと!
羨ましく聞きました…
お誘い頂いて恐縮やら嬉しいやら…お邪魔させて頂いて良いならぜひ!
楽しみにしています♪


>>キノ君
トエハタエ展、みにいってくれたんだね!
嬉しいです、ありがとう。
本当に今年の同期は力ある人が多くて、いつも刺激をうけてます。
感想もありがとう!
前作と同じ世界の物語なので、何か感じてもらえたら幸いです。
キノ君の作品にはどれも独特な世界観があるけど、その中でも特に私は『こころがあるとしたら』が好きだよ。
これからも、作り続ける事をやめないでね。

| らくがきつぶやき | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こみけ???

全国大学版画展、交流展(Re:print展)無事終了致しました!
足をお運び下さいました皆さま、作品をご観覧、ご購入下さいました皆さま、本当に有難うございましたm(__)m


以前書いた、奈良のゆるキャラまんとくんのアンソロ、まんとくんアンソロジーに参加した際のイラストです。

まんとくんさん


今回もまんとくんの作者さんがコミケ(コミックマーケット)で販売される『魔法少女まどか☆まんとくん』という同人誌に、ゲストとしてまどほむイラストを一ページ描かせて貰っています。
まどほむ…(;_;)ウっ

ちなみにコミケには未だ参戦したことがありません。
年末っていうのと、『オムツ必須』とか『会場付近のコンビニの食糧棚がほぼウイダーインゼリーで埋め尽くされている』とかっていう噂から、コミケという名の戦場に参加する勇気が無く…
ちなみにワンフェス(ワンダーフェスティバル)はいきます!


フィギュアはかなり前にできてます!!
写真撮ってないのです!!!!


| らくがきつぶやき | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

展示×3と制作状況

12月は展示が急きょ決まり、三つ開催されることになりました!(すでに2つは始まっていますが…いつも通りの事後申告ヤッター!!!)
そんなわけで展示のお知らせです。


★全国大学版画展
町田市立版画美術館:12/3~19
全国の大学生の作品240点ほどの版画作品が一同に会する、版画好き必見の展覧会です。
とても見ごたえのある展示で、入場料も無料です。一点展示しています。


★多摩美術大学×京都精華交流展
神保町文房堂ギャラリー:12/12~
大学院一年同士の交流展示会です。
実は11月中旬に京都のギャラリーフロールにおいても開催されており、展示していました。
今回は制作が追い付けば二、三点展示予定です。

★コピス吉祥寺サイレントオークション:12/1~25
アート活動に力を入れる商業施設、コピス吉祥寺にて一点物の銅版画を展示しています。
またこちらでは気に入った作品を購入(サイレントオークション形式)することが出来ます。


展示が終わったら、展示作品をアップしようと思います☆

大学版画展をみて思ったのは、意外と3/11に関する作品が少ないな、ということ。
もちろんぱっと見はわからないものもあるとは思いますが…
私自身の大版展への出品作品は、これまでのテーマである『懐かしさ』と同時に、3/11もテーマにしています。
むしろ3/11こそが今回の作品のメインテーマかもしれません。
いわゆる『がんばれ!!』という感じの作品ではなく、震災を経験された方からみたらむしろ心がえぐられるようなものになっているかも…
でも、未曾有の大震災に対して、それから人類に対して私がどういう思いであるのか、絵から感じ取って頂けたらと思います。





最近風邪っぽかったのですが、朝から夕方までの搬入、展示作業二日間を経て立派な風邪に成長させてしまいました。
塗料を吸わないように窓を開け放してフィギュアを塗装していたのも加速要因だったかも…
「今年は一回も風邪をひかなかったぞ!!!」って感じで気が抜けるのか、考えてみたら毎年12、1月あたりに体調を崩してる気がします。
しかも毎年の事なのに、人に指摘されて始めて気付いただめっぷり…
来年は気をつけます!



さてさて
銅版画は展示終了まではアップできないのでフィギュアです。

現在制作途中で、塗装直前の二体目。

1


後ろ姿です。
今回は複製しないので一点ものなんですが、一発勝負の塗装ってこんなにきついんですね!

本体は粘土なので、表面をツルツル傷の無い状態に仕上げる為に、表面にサーフェイサーというスプレーを吹き付けて(写真の白い部分がそれで、黒や黄色は地が出ている部分)細かい傷を埋め、乾燥したら磨いてまたサーフェイサーを吹き…という作業を傷が無くなるまで繰り返します。

塗装の際はこのサーフェイサーの上にラッカ―性のインクを吹き付けて塗るのですが
失敗して落そうとラッカ―インク剥離溶剤を使うと・・・
見事にサーフェイサーまではがれおちて粘土がこんにちは状態!
数回の磨き作業(これだけで一週間はかかってる)が見事に水の泡です。
こわい(;_;)

顔においては三回塗装を失敗したので、磨き作業もその分増え…
こわい(;_;)


次こそきっとフィギュアの作り方アップします。
そして最近たまろず四コマなかなか載せられずすみませんm(__)m
ネタは沢山あるんですが、パソコンの前になかなか座れず…
そのうち一気に行きますので!

たまろずクリスマスイラストも描きたいし!!!

| らくがきつぶやき | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だらだら話


まったくといっていいほど告知していなかったのですが
昨日から明日までの三日間、多摩美術大学芸術祭が開催されています。もう二日終わってしまいましたが!
明日は18時から花火も上がるので、是非いらして下さい。

今年は一点銅版画を展示しています。
そのほか小作品を数点販売しておりますので、お時間ありましたら是非お立ち寄り下さい。
昨日、そして本日と、小作品をご購入下さいました方、ありがとうございます♪

芸術祭をきっかけに新しい知り合いが出来たり、普段あまり話したことのない人と会話できたりと
あまり人との関わりに積極的でない私にとって、とてもいい機会になっています。



まだ全部は周れてないんですが、展示をみてるとやっぱり年度ごとに傾向というか
なんとなくなんですが、その年々の個性というものがあるように感じます。

多摩美以外の美学生や作家の友達がいうには、やっぱり多摩美には『サブカル感』と『現代アート感』があるみたいです。
そういうフィルターをかけて見ているせいもあるかもしれないけど、確かに漫画やアニメ的表現や、彩度の高い作品が多いなというのは私も感じています。

学校それぞれに個性があるからこそ、皆自分に合った学校を選んで入学する訳ですが、学校外の人からの意見ってやっぱり新鮮ですね。





ところで私は大学に入学して美術を学び始めてから、美術というものがより一層わからなくなり、今も全くわかっていません。むしろ前よりわからなくなって遠ざかっている気がします。

ただひとつ思うことは、美術に限らずですが、評価するひとがいて、評価されるひとがいるからこそ美術は成り立っているけれど
その評価だけが全てではないということです。

評価されることが=それだけで食べていくことに繋がる芸術界だから、評価されなければ作家一本で生きてゆく道は閉ざされると思いがちだけど
続けていきたいものがあって、表現したいものが有り続ければ、その人はもう一人の作家なんだと思います。
評価される事だけに執着してしまうと、本当に表現したかったものを見失って、その作品は上っ面だけになってしまいます。

私のこれまでの作品がそうでした。

学校という狭い世界が全てで、そのなかの教授達の意見に左右されて萎縮して、気付いたら好評会に出すことが目標のようになり、本当に作りたいものを見失っていました。
受験のときも、高校三年生になってから美術予備校に通い始めたことで非常に慌ただしく、本当に自分は一生何かを表現し続けたいのか、それが果たして絵画なのか、明日の食事もままならなくても作りたいものがあるのか…

頭の表層では考えているつもりでしたが、本当の意味で自分の作品に向き合ったことはほとんどありませんでした。
受かる、という目標のもとでの制作は、『表現したい』より『上手く描かなければ』という思いの方が強く
それが入学してからは『よいといわれたい』に変わっただけで、『表現したい!!』という思いで純粋に制作できた事は少なかったように思います。

でも、いくら上面で上手くみせようとしたって、本当に好きで、本当に苦悩しながらも表現している人たちの作品には全てにおいてかなわないんですよね。

伝えたい『何か』を全力でぶつけて、評価されなかったらきっと自分を全否定された気持ちになって本当に辛いと思います。
でも、評価が全てじゃないんです。何よりも表現したい!という気持ちが一番なんです。

されるとしたら、評価はあとから付いてくるんです。
きっと、自分で思っているよりずっと、あとのあとのあとの方から、気付いたら付いてくるんだと思うんです。


本当に伝えたいものが、やりたいことが見つかったら、それってなにものにも代えがたい素晴らしい事です。
評価どうこうに潰されるなんて本当にもったいない。
もし大切なものをみつけたら、どんな形でもいいから続け続ける。
それが一番大切なことなんじゃないかな、と思います。

私は美術はわかっていませんが、伝えたい事を貫いている人の作品からは、好き嫌いは別にしても、その人の思いをすごく感じます。

思いのある作品の全てが伝わる訳ではないけれど、思いのない作品からは何も伝わらない。
とにかく何か「これだ!」と思うものを見つけたら、評価だとかよりもまずぶつけてみようと思います。




…となんだか長々と語って絵も何もないんじゃつまらないので、以前行った時に撮った江の島の写真です。


江の島は大好きな場所で、年に何回かいきます。
私にとって海は特別な存在なので、疲れたときは無性に海を見たくなります。
きっと原生生物だった頃を思いだして落ち着くんでしょうね。


004.jpg



フィギュアの作り方は明日アップします☆

| らくがきつぶやき | 01:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハロウィン



地元の駅を歩いていたら、向かいから仮装をした子供の群れがやってきて、道が細かったために飲み込まれ、来た道を戻らされました…
私も仮装みたいな格好してたからあんまり違和感なかったのでナチュラルに流さていった


話は変わりますが、色々経て、やっぱり何かを生み出せる人って素晴らしいなと改めて思いました。
自分の手からしか生まれないものがあるって、皆もっと自信をもつべきですよね。

私はというと、最近やっと本気で好きになれそうなものづくり、フィギュア制作出会ったので、ずっと続けていこうと思っています。
学校で講評のときに銅版画と一緒にフィギュアをみせたら「そんなくだらないもの作ってないで銅版面白くなってきてるんだしそっちをやりなさいよ」と言われましたが、何を言われても私にとってはくだらないものなんかではないから、フィギュアは作っていこうと思っています。

あっ版画もやりますよ!版画も!


最近は11月4~6日まで開催される芸術祭の準備や、今年出展することになった12月の全国大学版画展(近くなったら告知します)、旅行、趣味なんかでなんだか飛ぶように日々が過ぎていっています。
12月くらいにまたカフェかなにかで軽く展示をするつもりなので、そのときは是非よろしくお願いします。

以前バラバラ状態で載せたオリジナルキャラクターのフィギュアは、次回にでも載せます☆


>>優子さん
お久しぶりです。
この季節はブタクサなんですか?じゃあやっぱりブタクサアレルギーなのかな?
レンジは内側全体が黄色く燻されてほのかに燻製の香りがしていますが、変わりがないので使ってます;

>>キノさん
こんにちは、元気ですよー♪
芸術祭近くなると工房を閉めるって酷いですね~なぜ?;もう終わったのかな?
出来ないとなるとよりやりたくなりますよね(笑)
私は最近フィギュアにかまけていますが、銅板も進めてます☆
近々御披露目できるかと思います('∇')

>>クロさん
中国のスプリング爆発椅子はぞっとした…

| らくがきつぶやき | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。